柏・松戸・成田の結婚式場オールガイドHOME » 【今月のピックアップ】ブライダルフェア体験

【今月のピックアップ】ブライダルフェア体験

ブライダルフェアってそもそも何をする場所?言葉で説明するのにも限界がある!ということで、当サイト編集者が実際にアンソレイエ(柏周辺)のブライダルイベントに参加してみることにしました。実際に行った人しか分からないリアルな感想をお伝えしちゃいます。

今月のブライダルフェア体験リポート!

ただ情報だけお伝えするのも物足りないと感じた当サイト編集者Mは、これから実際に訪問してその様子を不定期にレポートすることにしました!

記念すべき第一回は千葉県にあるアンソレイエのブライダルフェアを体験してきました!

まるでヨーロッパ!?

アンソレイエは千葉ニュータウン中央駅を降りて徒歩8分程度。アラサー女子がヒールを履いても10分以内には着ける非常にアクセスのいい場所にあります。これだけアクセスがよければ、ゲストを呼ぶときに気をつかわなくてよさそう。

若葉の

アンソレイエの式場アンソレイエの結婚式場

 

敷地内に一歩入ると、そこはまるでヨーロッパのような風景が広がっています。

バラや季節の花が咲き誇っていてフランスのプロヴァンス地方に来たかのような雰囲気。

アンソレイエの備品アンソレイエのシャンデリアアンソレイエの内観アンソレイエの内観

建物の中に入っても、ヨーロッパを意識したアンティーク調の置物や壁紙があり、日本に居ながら海外ウェディングを楽しめる場所となっていました。

あまりにも素敵だったので、スタッフさんに「これは本物ですか?」と聞いたところ、こういった置物はすべて実際にヨーロッパから取り寄せられたそう。

お部屋ごとにインテリアも異なり、結婚式の習慣でもあるサムシングブルーを意識してのことなのか、シャンデリアにもブルーが織り交ぜられていました。ホームページをみていても綺麗な印象をもっていましたが、実際に足を運んで、とても上質な空間が広がっている会場だなぁと改めて関心。

雨の日でも幸せな結婚式ができそう!

結婚式当日に飾られるお花は、専属のフローリストが新郎新婦の要望を聞いたうえでセレクトするとか。綺麗な花々や緑に囲まれながら結婚するなんて素敵!とつい羨ましくなっちゃいました。

若葉の

アンソレイエの式場アンソレイエの結婚式場

ちなみに私が会場に着いたのは15時頃。空全体が茜色に染まる中、明るく和やかな雰囲気で結婚式を挙げることができます。

アンソレイエでは夏の間、ライトアップを実施しているため、あえて昼間ではなく夜に結婚式をするのも一つの方法としてアリですよね。

お庭を眺めながら「雨が降ってもそれはそれで素敵かも…。」と思っていたら、支配人の方が豆知識を披露してくださりました。

フランスには、「雨の日の結婚式は幸運をもたらす。」ということわざがあるそうで、アンソレイエであれば、雨が降っても、これだけ立派な会場であれば、かえって幻想的でとても素敵な雰囲気に包まれるのではないかと思いました。

1時間も経つとお日様が沈みはじめ、その様子も会場からじっくりと眺められます。どんな天候でも、素敵な結婚式を挙げられるのは、アンソレイエの最大の魅力といっていいでしょう!

シェフ自慢の本格的な料理を試食

さてブライダルフェアの最後を飾るのは、お待ちかねの試食タイムです!

若葉の

アンソレイエの料理アンソレイエのブライダルフェアの料理結婚式に出されるお料理は全て式場内で作られているので、パンもふかふかな状態で食べられるそう。

前菜のプレートは千葉県内で採れた新鮮な野菜を使っているだけあって、味がしっかりとしていました。

 

アンソレイエのブライダルフェアの料理アンソレイエのブライダルフェアの料理アマダイの松笠焼きは鱗付きの皮が鱗とは思えないほどパリパリの食感で新鮮な驚き!

お肉料理は肉質が柔らかく味つけも文句なし。舌の肥えたゲストを招いても安心できるお料理です。

 

アンソレイエのブライダルフェアの料理アンソレイエのブライダルフェアを取材デザートは式場で作られていて、予算や好みに合わせたデザートバイキングができるそう。

最後にコーヒーもしくは紅茶を選べると言われ、迷った挙句に紅茶を選びました。ブライダルフェアに来た人しか飲めない「セーデルの紅茶」をいただきました。

 

アットホームで個性的な式を挙げたいカップルにおススメ!

アンソレイエのブライダルフェアを取材サイト編集部の私も「ブライダルフェア」に来ていることを忘れるくらい濃厚な時間を過ごせました。お試しで来ただけでもこれだけ充実した時間を過ごせるのですから、結婚式当日はもっと幸せに満ち足りた1日になるはず。

お近くの方も、そして首都圏にお住まいの方も、ぜひ一度アンソレイエのブライダルフェアに行ってみてはいかがでしょか?

今回紹介したアンソレイエの公式HPはこちら≫

 
pagetop