ゲストハウス&専門式場で選ぶ結婚式場ランキング

成田・柏・松戸エリアでおすすめの結婚式場(チャペル&ゲストハウス&専門式場)をランキング形式で紹介していきます。

成田・柏・松戸エリアの人気結婚式場ランキング

No.1アンソレイエ

アンソレイエ 画像

公式サイトはこちら

総合評価 ハート5つ
会場の雰囲気 ハート5つ
料理 ハート4つ
口コミ満足度 ハート5つ

アンソレイエの人気の理由は1日2組(午前と午後)限定なので、他の新郎新婦とかぶることが無いことにあります。

完全に貸切状態で行えるため、最大限に思い通りの挙式を挙げられるのが魅力。

ロビーにも飾り付けをできたり、ガーデンに風船を浮かべたり、とにかく自由度100%の式場なんです。

バリアフリーや無料で車いすを貸し出すなど、ゲストにも気配りをしてくれるので、安心してお招きすることが出来ますね。相談すれば無料バス送迎も可能だそうです。

挙式はキリスト式・人前式など選ぶ事が出来ますし、料理も無農薬で地元の食材にこだわっていますから、最高質の挙式が出来ること間違いなしです。

みんなの口コミ
  • アットホームな挙式をしたかったので、選んでよかったと思います。料理は美味しいし、ステンドグラスがとてもきれいな教会でした。
  • ちょっとリゾートに来たような豪華さで、料金も予定より安く済みました。ホント頼んで良かったです。
  • ガーデンでのデザートビュッフェがおススメです!本当に広いガーデンで、大満足でした。

No.2アーセンティア迎賓館

アーセンティア迎賓館画像

公式サイトはこちら

総合評価 ハート4つ
会場の雰囲気 ハート5つ
料理 ハート3つ
口コミ満足度 ハート3つ

柏駅から徒歩5分とアクセスがとてもよいので、ゲストを呼びやすいゲストハウスです。

1人のプランナーが最後までしっかりデザインしてくれるのが魅力的。何か困ったことがあった時に相談に乗ってくれるプランナーさんがいると、とても心強いですよね。

2000坪と、とても広いガーデンには全長11mのラグジュアリープールも完備されており、リゾート気分を味わえる空間になっています。

プールサイドでのデザートビュッフェやシャンパンパーティーが人気のプランだそうです。

みんなの口コミ
  • チャペルはスタンダードな感じでしたが、ガーデンはとてもお気に入りでした。大きなプールの傍で、デザートを食べるのが、セレブ気分を味わえました。
  • 演出が豪華で、ゲストにも評判が良かったです。
  • バージロードにキャンドルをなどの飾り付けがしてあって、あまりの神々しさに涙が出ました。

No.3セント・マーガレットウェディング

セント・マーガレットウェディング 画像

公式サイトはこちら

総合評価 ハート3つ
会場の雰囲気 ハート3つ
料理 ハート5つ
口コミ満足度 ハート3つ

200年の歴史を持つ大聖堂は、入るだけで暖かく包まれている感覚に陥ります。

総勢10名の生演奏に思わずこみあげてくるものがあると評判を呼んでいます。

柏駅より徒歩で行けるアクセスの良さと、レストランならではの美味な食事にゲストが満足すること間違いなしです。

パーティー会場はアンティークなレストランと、光が差し込むグランドメゾンが用意されており、自分たちのこだわりに合わせて決めることが出来ます。

歴史を感じるチャペルと、こだわりのパーティー会場で一生思い出に残る式が挙げられそうです。

みんなの口コミ
  • 可愛くてとてもアットホームな結婚式を挙げられました。とても満足しています。
  • 時間によって光の差し込み具合が変わり、その時その時のステンドグラスの輝きが違ってとてもきれいでした。
  • 試食でじっくり料理を決められたので良かったです。

ゲストハウス&専門式場のメリットや選び方のコツ

それぞれのメリットや選び方などを紹介していきます。

ゲストハウス

アットホームな雰囲気なのに、貸切が多いためプライベート感・特別な演出も可能です。

海外のリゾートのような空間で、来てくれるゲストにも楽しく過ごしてもらえるというメリットがあります。

一言で表すと「豪華なホームパーティー」ですね。

ゲストハウスは、ガーデニングでのパーティーがメインなため「悪天候でも室内に変更してくれる対応力」や「自分の理想をどのくらい実現できるのか」などのポイントを押さえておきましょう。

専門式場

王道かつ本格的な挙式ができるので、親族や親戚を始め、上司やお世話になった方にも、満足を得られるという信頼感があります。

また専門ですからプロフェッショナルなスタッフがそろっているのも魅力。

専門式場は、吉日や休日は共有スペースのロビーなどが込みやすいので、自分たちが式を挙げる日はどのような状況になるのかなどをチェックする必要があります。

実際の状況や場所、料理など事前のブライダルフェアを利用し、確認することがポイントです。

 
pagetop